歯ぎしり・食いしばり「ブラキシズム」を改善するために

歯ぎしり・食いしばり「ブラキシズム」を改善するために

栃木県宇都宮市の歯医者「椎貝歯科医院」では、歯ぎしり・食いしばりを治すためのブラキシズム治療を行っています。ブラキシズムの原因を突き止めることは、現状では非常に難しく、それぞれの患者さんの症状や状態から適切な治療を考えなくてはいけません。当院では、症状改善のひとつとして、咬み合わせ治療をご提案しています。

ブラキシズムって何?

ブラキシズムって何?

ブラキシズムとは、「口腔悪習慣」と呼ばれる無意識にしてしまう悪い咬み癖のひとつです。本来、食べ物を咬むための筋肉である「咀嚼(そしゃく)筋」が、食事以外の時にも異常運動をすることを指します。日本では、ブラキシズムを「歯ぎしり」と訳しますが、歯ぎしり以外のさまざまな異常運動も含んでいます。

ブラキシズムの3つの分類

ブラキシズムは次の3つの種類に分類されています。これらはいずれも無意識に行われている習慣で、自身の癖に気がつかないままブラキシズムを放置すると、顎やお口まわりの組織に大きな負荷がかかります。症状がひどくなると、歯を失うこともあるため、決してあなどってはいけません。

グラインディング クレンチング タッピング
グラインディング クレンチング タッピング
いわゆる歯ぎしり。ギリギリと音がするほど、歯をこすり合わせます。就寝中に発生することが多く、歯質のダメージ(すり減り)が大きくなります。 上下の歯を咬み合わせ、強く食いしばって(咬み締めて)います。音が聞こえるなど、外からわかる症状がないため、気づきにくいのが特徴です。 上下の歯を小刻みに連続で動かし、カチカチと音がするほど咬み合わせる習癖。グラインディングやクレンチングほどは起こりにくいと言われています。

ブラキシズムの主な症状

次のような症状に当てはまる場合は、早めに当院までご相談ください。症状を放置すると、歯周組織の破壊により歯周病を併発して歯を失ったり、顎関節症を引き起こしたり、頭痛や肩こりなどの全身症状につながったりすることがあります。また、インプラント治療を受けた方で、ブラキシズムがあるとインプラントの脱落を招く恐れがありますので、早急にご相談ください。

こんな自覚症状があるならご相談ください
  • 歯が割れたり欠けたりしやすい(天然歯・人工歯ともに)
  • 歯が浮いたような感覚がある
  • 歯がグラグラ動いているような感じがする
  • 冷たいものを口にすると歯にしみる
  • 顎に怠さや痛みを感じる
  • 顎が開けづらい・開ける時に音がする

【ブラキシズム発生のメカニズム】

ブラキシズムは、そのほとんどが睡眠中に起こります。そして発生したやすいのは、睡眠が浅くなるノンレム睡眠時だとわかっています。しかしながら、なぜ睡眠時にブラキシズムが起こるのかということは未だに解明されていません。ブラキシズムの原因としてよく挙げられるストレスは直接の原因でないことが多く、相関関係がある場合はごく一部のケースだと考えられています。

ブラキシズムの治療法

ブラキシズムの治療法

宇都宮市の歯医者「椎貝歯科医院」で行っているブラキシズム治療は、主に、咬み合わせ治療です。修復物を取りつけて咬み合わせを改善したり、金属冠や義歯(入れ歯)などの補綴(ほてつ)物の高さを調整したり、就寝時にマウスピースを使う治療を行ったりすることが挙げられます。

いずれにせよ、お口の中の検査と、患者さんとの対話によって、最適な治療法を模索する必要があります。当院では、それぞれのケースに合わせた治療法をご提案しています。気になる症状がありましたら、まずは当院へお気軽にご相談ください。

お問い合わせ 028-621-6762
月・水・金……9:00~13:00 / 14:30~19:00 火・土 ………9:00~13:00 / 14:30~18:00

ページの先頭へ戻る